2020年03月28日

ThinkCentre M75q-1 Tinyを買ってみました。

DSC_2597.JPG
こんにちは、愛機 Shuttle DS57U5 が、時々リブートしたりするようになったので、買い替え時と思い
ちょっと古い言い方ですが、Webブラウジングしてた時に、LenovoのThinkCentre M75q-1 Tinyが目に留まりました。
当ブログを読んでいただいてる方(ほぼいないと思う)は、ご存じのことと思いますが。。。
「インテル入ってない!」PCをこよなく愛している私の目に、AMD Ryzen 5 PRO 3400GEの文字が妙に気になったのです。
DS57U5で、インテルCPUに浮気をしてしまいましたが、心の中には常にAMDがありました。
また、M75q-1 TinyのCPUである3400GEのベンチ(Pass mark)は、「8984」と、高性能で、グラフィックはRadeon Vega 11。
価格は、最小構成(キーボード、マウスなどを排除する)で3.5万円と魅力的過ぎました。
って、ことで、即効ポチッと逝っちゃいました!


DSC_2603.JPG
箱、おーーーーーぷん!
DSC_2604.JPG
緩衝材に包まれた本体と、オプションボックスに入った電源アダプタとシンプルな内容
DSC_2605.JPG
本体、電源アダプタを取り出したところ。※上にのってるビニールは、無線LANのアンテナ
DSC_2606.JPG
本体裏面。※無線LANのアンテナ取り付けてます。
メッチャコンパクトです。DS57U5より一回り小さいかな。
DSC_2611.JPG
筐体オープンCPU側です。DS57U5は完全スピンドルレスでしたが、M75q-1 はCPUファンついてます。
とっても静かです。
DSC_2610.JPG
筐体裏面。メモリ8G×2枚、SSD256G。※2280サイズのSSDに換装できますね
DSC_2617.JPG
実際に、使用してみましたが、チョッパやで最高です!
電源を入れると、本体前面の「ThinkCentre 」の文字の「i」の上のぽっちが、赤色LEDになってて、赤く光ってます。洒落たデザインですね。
すっごく気に入ってます。
ただ、一つだけ難点が。。。。
これまで、アイ・オーデータのREC-ON(HVTR-BCTX3)のライブ&録画映像をshuttle DS57U5で、視聴していましたが、PCをM75q-1 に替えたとたんに視聴できなくなりました。アイ・オーデータのサポートセンタに問合せしましたが、視聴ソフトのテレキングプレイは、Radeonグラフィックに対応していないとのこと。。。。。非常に残念。 早急に対応してもらいたいところです。
それでも、PCでのテレビ視聴があきらめきれなかったので、いろいろ調べてみると、SONYの「PC TV Plus」では、Radeonグラフィックでも、REC-ON(HVTR-BCTX3)が視聴できることが分かったので、3,000円出してソフト購入しました。
なので、PCでテレビ視聴は可能となったのですが。。。。。「録画のチャプター飛ばしができない」「ライブの番組表が表示できない」など、細かなところで対応してないのです。
テレキングは無料で、その辺の機能が正常に使える(専用ソフトなので当然ですが)ので、悔しい!
いまどき「Radeonグラフィック」に対応してないソフトがあるなんて。。。。
てなこと言いながら、今日はこの辺で!

<<追記>>
電源アダプタを65Wから135Wに変更すると、パフォーマンスアップができるとのことで、挑戦してみました。
posted by xactifans at 13:47| 兵庫 ☔| Comment(0) | PC&WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: